シロカの全自動コーヒーメーカーSC-A211が初心者にぴったりだったのでレビュー

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

『家で豆から淹れたコーヒーは格別に美味しいらしい』という話を聞いたのと、『家でコーヒーを豆から淹れてる人ってかっこよくない?』という不順な気持ちから豆からガリガリ挽いてくれるミル付き全自動コーヒーメーカーを買ってみました

sirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211です

sirocaさんの家電製品は他にも電気圧力鍋を持っていますが

シロカ(siroca)の電気圧力鍋SP-4D151でほったらかしで美味しい料理を作ろう

最高に使いやすくて大好きです

他にも炊飯器やホームベーカリーなども評判が高いsiroca

こちらのコーヒーメーカーもサイズ・デザイン・価格・機能全ていい感じだったので紹介したいと思います

siroca ミル付き全自動コーヒーメーカーSC-A211

お値段はamazonで1万円もいきませんでした

他のミル付き全自動コーヒーメーカーと比べると1万5千円からというものが多いのでかなりリーズナブルな方だと思います。

コーヒーメーカーはミルが付くとサイズが大きくなり価格が高くなる傾向にありますがSC-A211のサイズは幅17.3×奥行22×高さ27cmとミルを内蔵されているので比較的コンパクトで置く場所にも困りません

実物を見ると、デザインがいいです

余計な装飾が一切なくスッキリとしていますし、シャープな直線を基調としながらエッジなどには丸みを持たせているため、どんなインテリアにもしっくりと馴染みます

デザインがシャープで洗練されているのでその辺に置きっぱなしでもインテリアになります

そしてなによりも魅力的なのがいつでも挽きたてのコーヒー豆から全自動でコーヒーを淹れられること

豆から自動で淹れられるし、コーヒー粉からもドリップも出来ます

ホットコーヒーやアイスコーヒーなら4杯、マグカップでも2杯まで一度にドリップすることができます

なお、豆の粒度は中細挽きのみとなっていて調節はできませんが、コーヒーにそこまでのこだわりはないので豆から挽ければ十分です

箱から出してみました

本当にコンパクトで置き場所に困らないのがうれしい

こちらカラーは『ステンレスシルバー』ですが他にもオールブラックの「タングステンブラック」の2色展開となっています

重さは2.2kg

電源コード長は約1.2mで、消費電力が600W

メッシュフィルターはステンレスが使用されています

ステンレスメッシュフィルターはペーパーフィルターと違いコーヒーオイルまで抽出できるため、より濃厚でコク深い味わいが期待できるそう

もちろん、何度でも洗って使えるのでペーパーフィルターよりも経済的でエコ

ミル刃は一般的なプロペラ式ですがインスタントコーヒーなどに比べれば格段に香りが良くなるそう

それだけ『挽きたて』が大事らしいです

サーバーはガラス製で『ホット』『マグ』『アイス』の目盛りがそれぞれ記されており、でき上がったコーヒーの量がひと目で確認できます

使い方

使い方は超簡単です

コーヒー豆入れる

スイッチ押す

待つ

たったこれだけなのですがポイントが『蒸らし工程』なる機能が搭載されていること

コーヒー粉は油脂分を含んでいるので、水分をはじいてしまいます

最初に少量のお湯を注いで蒸らすことにより、この油脂と水分がなじんで粉全体にお湯がいきわたり、浸透しやすくなります

蒸らし工程をプログラムすることで、コーヒー本来のおいしさを抽出し、おいしいコーヒーが出来るというわけです

まずコーヒー豆を本体にセットします

使用したのはカルディの『マイルドカルディ』です

created by Rinker
¥496 (2019/08/23 05:41:56時点 楽天市場調べ-詳細)

なんかこうしてケースに入れるとそれっぽくてテンション上がります

粉の場合は付属の軽量スプーンで1杯、2杯と入れればいいですがコーヒー豆はグラムで計る必要があります

セット完了

続いて給水口に抽出する分だけ水を入れます

給油口が狭いので気をつけないと水が普通にこぼれます

コンパクトなデザインなのでここの部分は仕方が無いのかもしれません

メモリがついているので水の量が分かりやすいです

続いてコーヒー豆でいれるのか、粉で入れるのか、淹れる杯数を設定します

これにより、豆から挽く場合には杯数に応じた豆挽きが行われ、最適な中細挽きに仕上げてくれます

あとはスタートボタンを押せばいいだけです

スタートボタンを押した瞬間に豆挽きが始まります

ここで一つ心配だった『音』に関してですが、なんかミル付コーヒーメーカーの豆を挽くときって『ガリガリガリガリ』と凄いうるさい音がなるイメージがありました

こちらのコーヒーメーカーはというと、正直うるさいです

ボタンを押した瞬間『ガリガリガリガリ!!!』となったのでめっちゃびっくりいました

ですがミルが動いているのは時間にして20秒程度なので一時的なものだと思えばそこまでは気にならない程度です

なんなら食器洗濯機や衣類洗濯機のほうがうるさいかも

5分ぐらい経ったら『ピッ』という完了の音がします

できました

コーヒーあまり詳しくないのでなんともいえないですが、コーヒーが好きな彼は『全然こっちのほうが美味しい』と言っていたのでそういうことだと思います

片付け・お手入れ

水洗いが必要な本体ふた、ミル付きバスケット、メッシュフィルターの3点はすべて取り外すことができます

こんなかんじで

食洗機にかけることはできませんが取り外して洗うことができるのでわざわざ本体ごとシンクに持っていく必要がなく負担はあまり感じません

コーヒー豆の残骸もごみ箱にひっくり返して捨てればいいだけなので超簡単

一回使うごとに軽く洗い流してればそんなひどい汚れがつくこともないと思います

コーヒー粉が残るメッシュフィルターとミル付きバスケットも簡単に汚れが落ちるので楽チン

これだけ片付けが楽チンでこっちのほうが美味しいならよっぽど疲れているとき意外はこっちを使いたいなという感じです

まとめ

sirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211は、コーヒーに強いこだわりを持っている人にとっては、プロペラ式ミルを使っていることや、粒度が調節できないことなどに少々の物足りなさを感じるかもしれません

ですがミル付き全自動コーヒーメーカーが始めての方やとりあえずコーヒーメーカーが欲しい方だったら、コンパクトだしデザインもスタイリッシュだし、淹れる伊のも片付けも簡単でなによりコスパがいいので超オススメだと思います

ホットコーヒーやアイスコーヒーを1度に4杯まで淹れられて、蒸らし工程までしっかり備えていて『毎日美味しいコーヒーを飲みたい』という方にはぴったりなものだと思います

『種類があるものを選ぶ』というのが私は大好きなのでこれから色々な種類のコーヒー豆を試してみるのが楽しみです

私はあまり飲まないので彼の為にですが・・・

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑