夏のトロントを格安で行く方法。Eta申請の方法まとめ。

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

今年の夏はトロントへ一週間ぐらい旅行に行っていました

誰もが一度は聞いたことのあるナイアガラの滝やトロント市内をゆっくり観光出来ました

なにより始めて欧米圏に行ったので、当たり前ですが周りの人みんな外国人だったのが新鮮でしたね

語学留学とか行く人にとっては治安もいい方だしトロントとてもいいと思います

ところで夏のトロントへの旅行、飛行機代が高いんですよね〜

冬場は片道8.9万円台なのに対し夏は12.13万円台になります

往復で約25万くらい、高い

どうしたもんかなーと思っていたところ8月の夏休みの時期に往復17万円台で行けたのでその方法を紹介したいと思います

まずはその前に、トロントへ行く前に絶対必要なEta申請の方法から

Eta申請とは?

Eta申請とは『電子渡航認証システム』のこと、つまり『私は犯罪歴もなく入国しても安全な人間です』ということを分かってもらう為にカナダ側に許可をもらう手続きのことです

申請費は7ドル、有効期間は5年です

カナダへ旅行する為には絶対必要な手続きです

忘れるとどんなに駄々こねても入国できなくなるので注意しましょう

Eta申請の方法

流れとしては

①必要事項を申請する
②承認メールがくる(遅くても3日以内)

と非常に簡単です

私は2時間後ぐらい承認メールが来ました

必要なものは

・クレジットカード
・パスポート

です。持ってない人はいないと思います

『Eta申請』と検索するとすぐにEta申請のページに飛ぶのでそこら辺から下の方の『Eta申請をする』の画面に出るとこんな画面になります

そうです。全部英語です

間違えると色々面倒なので慎重にいきましょう

こちら『No』で大丈夫です

次に進みましょう

こちらは未成年の代理だったら『Yes』を選択します

その後代理人の情報を入力すれば大丈夫です

今回代理ではない『No』の場合で進めていきます

こちらは選択肢がたくさんありますが、一番上の『regular』を選択しましょう

一般的なパスポート以外を持っている人はそういません

こちらは国を選択すればいいので『JPN(Japan)』を選択しましょう

こちらも『Japan』を選択

パスポート番号と名前を入力

パスポートに記載された生年月日、性別、国、県、市町村を記入します

パスポートの発行日と有効期限を記入

追加の国籍情報があれば記入しましょう

画像にはありませんが『Marital status(配偶者の有無)』は下記を参考に選択してください

・Married(既婚)
・Legally Separated(法的別居)
・Divorced(離婚)
・Annulled Marriage(無効な婚姻)
・Widowed(死別)
・Common-Law(事実婚: 配偶者関係を有して1年以上同居の場合。異性・同性の両方)
・Never Married/Single(婚姻歴なし/独身)

eta申請したことない方は『No』

したことある方は以前のeta番号を記載しましょう

職業と職名を入力します

選んだ職業によって選ぶ職名が変わるので下記を参考にしてください

・Art, culture, recreation and sport occupations(芸術、文化、レクリエーション、スポーツ)
・Business, finance and administration occupations(金融、管理)
・Education, law and social, community and government services occupations(教育、法律、社会福祉、地域・行政サービス)
・Health occupations(保健医療)
・Homemaker(主婦/主夫)
・Management occupations(経営管理)
・Manufacturing and utilities occupations(製造、公益事業 [電気・ガス等])
・Military/armed forces(軍事、防衛)
・Natural and applied sciences and related occupations(自然、応用科学関連)
・Natural resources, agriculture and related production occupations(天然資源、農業および関連生産業)
・Retired(退職・引退後)
・Sales and service occupations(営業・販売、サービス)
・Student(学生)
・Trades, transport and equipment operators and related occupations(技能 [例:電気技師、配管工、大工]、交通、機械機器操作関連)
・Unemployed(無職)

あとは会社の名前と住所、いつから働いているかを入力しましょう

連絡先の言語とメールアドレスを記入します

住所を入力します

いつカナダへ旅行に行くかの情報を入力しましょう

その後犯罪履歴を聞かれるので3つの質問で『No』を選択し4つ目の質問は梅毒・ドラッグ・アルコール中毒・メンタルヘルス・精神病がなければ『None…』を選択しましょう

以上のことを終えたら『I Agree』のチェックを入れ、名前を入力し次へ行きましょう

次に支払い情報を入力しましょう

支払いが完了しうまくいけば『Immigration, Refugees and Citizenship Canada: Information about …』という件名のメールが届きます

格安でトロントへ行く方法

さて次はトロントに格安で行く方法です

条件としては
①日数にちょっと余裕がある方
②韓国旅行もついでに行ってもいい方

が対象です

まず、トロント直行便は高いです

なので韓国経由でトロントへ行きます

普通はそのまま2、3時間待てば乗り継ぎ便に乗れますが、私が予約したチケットは乗り継ぎ便に乗るのは15時間後、つまり韓国に15時間ほどいる便を予約しました

乗り継ぐ時間が長いとそれだけ飛行機のチケットが安くなるようです

「15時間も空港いれないし、何もできなくない…?」と思った方、大丈夫です、意外と韓国楽しめます

ちょっと市内に出て美味しいもの食べてちゃんとベットで寝れるし韓国も満喫できるのでめちゃくちゃいいです

スケジュール例

実際に私が乗り継ぎの15時間でどのように韓国を楽しんだか例を紹介したいと思います

16:30 仁川空港到着

2時間ぐらいで韓国に着きました

このお茶美味しい

17:30 バスに乗って明洞へ

2時間ぐらいかけて明洞へ行きます

バスはガラガラです

バスも楽でよかったのですがいちいちどこが明洞なのかわからないのでググるマップで確認しながら『ここかな?』ってところでピンポンしました

結果少し離れたところで降りることになってしまったので電車の方がいいと思います

20:00 明洞到着

ホテルにチェックインして明洞に到着です

日本人の女の子が多いのでちょっと安心

コスメなどたくさん買いました。満足

ちなみにホテルは日本語が話せてwifiも使えるホテルにしました

泊まったところはまさしく朝食付きのホテルでスタッフさん物凄く優しかったです

細かいところを気にせず明洞から近いところがいい方はここのホテルがいいと思います

おすすめの明洞近くのホテル『トモレジデンス』

wifiは『ワイホー』を使いました

iphoneぐらいのサイズなので持ち運びも楽です

4Gのプランにしましたがもうちょっと容量があってもよかったかもしれません

とにかく安くて使い心地も普通に良かったので満足です

Wi-HO!(ワイホー)

21:30 かき氷食べる

韓国で有名な美味しい『雪氷』というかき氷屋さんにいきました

ボリューミーでめちゃくちゃ美味しかったです

超おすすめ

あと屋台で甘辛い唐揚げみたいなものを買いました

美味しかった〜

23:30 ホテルへ

ホテルに帰って爆睡です

朝早いのでタイマーかけるのを忘れずに

5:30 ホテルチェックアウト

ホテルをチェックアウトして空港に向かいます

朝日が綺麗

7:00 仁川空港到着

空港に到着です

電車で向かいましたが人もそこまでおらずスムーズに行けました

明洞駅→ソウル駅→仁川空港と乗り継ぎ1回だったので楽

9:00 トロントへ出発

ようやくトロントへ出発です

トロントまで12時間かかるので時差ボケ防止に寝なければならなかったのですが全く寝れませんでした

機内はご飯2回出ます

まとめ

以上がEta申請の方法、格安でトロントへ行く方法のまとめになります

韓国はコスメも沢山あるし美味しいものありすぎです。次は一泊二日ぐらい行きたい

ちょっと時間がある方は韓国旅行もできるしこの方法おススメです

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑