zozosuitが届いたのでレビューします【計測できない理由と確実に出来るコツ】

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

去年の11月に注文したzozosuitがやっと届きました

半年かかって届いたzozosuitをレビューしてみたいと思います

そしてこのzozosuit、あまりにも計測に失敗するので試行錯誤の結果『ここを気をつければ計測されるよ』というコツを掴んだのでそちらも紹介したいと思います

20回ほど計測しても計測失敗すると人間『絶対に自分の体のサイズを計測してやる』というヤケクソに似た闘志が芽生えることを知りました

zozosuitとは

着用すると全身の寸法を瞬時に計測する採寸用ボディスーツ。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を展開する株式会社スタートトゥデイとニュージーランドのソフトセンサ開発企業StretchSense Limited.が共同開発した。

ZOZOSUIT(ぞぞすーつ)とはコトバンクつまり全身のサイズを測ることで現代のネット社会における『サイズのミスマッチの解消』他、膨大な体型データを集めることにより貴重なビックデータとなり様々な商品開発などビジネスの展開に使用出来る画期的なサービスなのです

zozosuitが届いたよ

中身は
・黒い下敷き
・zozosuit
・スマフォスタンド
・手紙
が入っています

ご丁寧

スマフォスタンド

これにスマフォを立てて計測するようです

zozosuit(とちょっとだけ写り込んでる犬の手)

トップスとパンツの2点が入っていました

てっきり全身タイツみたいなのが入ってるかと思ってました

zozosuitの着用感

全身にぴったりとくっつきますが窮屈感はありません

パンツはくるぶしが出るレギンスタイプでトップスは親指を穴に通すタイプです

こんな感じ

スーツは触り心地もいいので特に嫌なところはありません

強いていうとすれば全身水玉タイツなので家族に見つかると変な顔で見られます

計測の方法

計測の流れは以下になります

1.70cmほどの台にスマフォスタンドなどを使いスマフォの背面カメラが自分に向くように垂直に立てる

2.zozsuitを着て音声に従い2m位離れた場所に立つ(認識されない場合は音声ガイダンスの指示に従う)

3.テスト撮影後、少しつづ回転しながら1周12回の写真撮影を行う

4.完了

とまあ簡単そうに見えますが計測成功させるのはかなりハードモードです

何度も何度もやってみましたが全部計測失敗するので届いた初日はブチ切れて計測をやめました

次の日になってどうにもこうにも悔しかったので色々調べてみて試行錯誤してみました

何故計測出来ないか

計測出来ない原因は主に3つで
・環境が適切ではない
・zozosuitが正しく着れていない
・アプリの調子が悪い
になります

・環境が適切ではない

例えば部屋が暗かったりスマフォとの距離が近すぎたり遠すぎたりすると計測に失敗します

音声では「2m離れてください」と言われているのに明らかに距離が可笑しかったら最初からやり直したほうがいいと思います

・zozosuitが正しく着れていない

zozosuitが正しく着れていないと間違いなく失敗します

「ちゃんと着れてるはず」と思っていてももう一度確認しましょう

・アプリの調子が悪い

現在インストールしているアプリがそもそも調子が悪いかもしれません

最新バージョンにアップデートするかアンインストール後の再インストールなどしてみましょう

計測を成功させるコツ

ちょっとした工夫をすることで計測が成功する可能性高まります

以下は私が色々試してみて「これ効果あるな」と思ったことです

・部屋をめっちゃ明るくする

真昼間に電気をつけてカーテン全開にして計測に臨みましょう

部屋が暗いと計測されません

ただし同居している人がいる場合は冷めた目で見られます

・周りの物を片付ける

近くに机や障害物があると計測されません

なるべく広い場所で行うか周りの物を片付けましょう

・スマフォを置く台は70cmの高さがあるもの

最初に60cmの台に乗せて計測していたのですが失敗続きだったのでちょっと積み重ねて70cnくらいにしたら成功するようになりました

スマフォを置く高さも重要です

・スマフォは垂直に置く

ちょっと斜めっているだけで計測が始まらないのでしっかり垂直に立てましょう

付属のスマフォスタンドを使うと便利です

・zozosuitを正確に着れているか

zozosuitが本当に正しく着れているか細かくチェックしてみましょう

・トップスはロゴが背中側に、パンツは後ろ側になっている
・首回りをしっかり伸ばせている
・髪が首回りに垂れないようしっかりと結べている
・小さいドットが手首のくるぶし辺りに、足首のくるぶし辺りの位置にあることを確認する
・手の親指、くるぶしがzozosuitを通して出ていることを確認する
・パンツの上にトップスが被さっている
・シワになっているところなくしっかりzozosuitが伸ばせている

以上が出来ていればバッチリです

・zozosuit認証の際に距離が2mぐらい

音声ガイダンスでの指示もあると思いますがあまりにも近すぎる、遠すぎると思うようだったら最初からやり直してみましょう

この時音声が途絶えたらアプリが落ちている可能性大なので最初からやり直しましょう

・黒い下敷きを参考にする

いよいよ計測となった時に足を肩幅ほどに開き腕も少し開かなければならないのですが参考にできるものがあると成功しやすいです

そこで付属されていた黒い下敷きみたいなものを使いましょう

これはネットで流れていた情報だったのですが本当に計測成功することができました

下敷きを床に置きその上に立ち横幅に合わせて足を広げます

そして腕をちょっと広げます

これでフォームは完ぺきです

あとはすこしずつ動きながら撮影していきましょう

・アプリが最新バージョンにする

アプリがよく落ちる、どうしても計測失敗する、という方はアプリが最新のバージョンになっているか確認しましょう

すでに最新のバージョンになっている場合はアンインストールして再度ZOZOアプリをインストールしましょう

zozosuitは面倒くさい

最初zozosuitを見た時は「360℃計測できるの?凄いじゃん!」と思っていたのですが蓋を開けてみたら計測成功しないわ作業めんどくさいは時間かかるわで非常ににめんどくさかったです

計測成功するにしても一回で10分ほどかかるのでこれを毎日やるとしたら相当な継続する意思がないと続かないと思います

でももっと計測方法も簡単になって時間も短縮されれば物凄いアイテムになることは確かです

ダイエットなんかでも自分の体型をリアルに知ることができるので励みになると思います

もうちょっと改良をお願いします

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑