GAPのアルバイトをしていたので仕事内容、面接、メリット、デメリットを紹介します

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

大学生の時GAPでアルバイトしていました

私的には人生の中で一番めちゃくちゃ楽しかったバイトなのですがその待遇を友達に話すと「私無理!」といわれることがあります

そこで仕事内容はもちろん、面接の様子や感じたメリット、デメリットをまとめてみたいと思います

仕事内容

主に販売接客ですがその他にもたっくさんやることがありますので一つ一つ紹介していきます

・接客

お客様に商品を紹介します

「買ってください!」とストレートに言うわけにはいかないし推しが強い接客は嫌いなので商品を触ってサイズを確認している方や鏡に商品を当てている方に声をかけていました

接客以外ではディスプレイを綺麗に整えたりしていました

・フィッティング(試着室)

試着室にご案内された方のお手伝いやアドバイスをしていました

例えばサイズ違いを持って着たり、別のタイプの洋服を持ってきたりしてこんなのも似合いますよーとかやってみたり、このサイズよりこっちの方がいいですよーとかご案内していました

フィッティングに人がいないときはキャンセルされた商品を店頭に戻したり、統計などとっていました(試着に来た人数、購入を決めた商品数など)

・レジ打ち

そのまんまレジ打ちです

ですが割引の設定、ギャップメンバーシップなど沢山覚えることがあります

GAPメンバーシップに登録するだけで買い物がお得になる

レジ打ちでもお包みの最中にお客様とお話ししたり綺麗に商品を畳む方法だったり、ギフトラッピングもこなさなければなりません

地味に繁忙期にレジで渡されるハンガーが溜まってかける場所がなくなるのが大変だったりします

・バックヤード管理

お店の奥には沢山の種類の沢山の在庫があるのでその管理も必要です

どの商品がどのくらい在庫が残っているか、把握していないと需要がある時に発注がしていなくて『売れるのに在庫がない!』という事態になってしまいます

またほぼ毎晩営業時間終了後に新たに商品が届くのでそれを整理してバックヤードに入れます

バックヤードを綺麗にしなければ商品が入りませんしどこに何があるのか分からなくなってしまいます

・ディスプレイ変え

新商品などが入った時に店内のディスプレイを総取っ替えすることがあります

この場合営業終了後から朝まで働きます

強制ではないですしお店のスタッフだけで夜中のテンションで盛り上がって結構楽しいです

深夜料金増しなのもさらに◎

基本的な仕事内容はこんな感じです

あとはクーポンを配ったりしたこともありました

勤務時間

お店の営業時間の+1.2時間のうちの最大8時間、最低2時間です

繁忙期は週5日×8時間もありますが、過疎期だと週1.2日×3時間くらいです

面接

履歴書の志望動機は『将来アパレル業界で働きたいため経験を積みたい』的なことを書いた覚えがあります

基本的に『やる気があります!』ということを伝えられればOKです

私服で当時髪の毛の下半分赤く染めていきましたが無事受かりました

髪色のことは詳しくは下記に記述します

面接の時の質問は志望動機のことやシフト制だったので『週何回アルバイトに入れるか』なども聞かれました

働くやる気があることと遅刻さえしなければ、あとはめちゃくちゃダサい私服で行かなければ大丈夫だと受かると思います

髪色について

面接時にすでに髪の下半分を赤く染めていた私はそのまま上半分を金髪にしました

特に何も言われませんでした

ただし派手な髪色にしていいのはその髪色がブランドのイメージを壊さない、その人に似合った色なら良かったらしく、その後入ってきて金髪にした人は「髪色を戻して」といわれ辞めて行きました

『なんで私はいいのにあの人はダメだったんですか?』と理由を聞いたら「ギャルっぽかったから」といわれたのですが、うーんそこの基準は社員さんによるのかもしれませんね

髪の色紫とかにしていましたが何もいわれませんでしたから…

大学生活3年間、頭も眉毛も金髪でした【メリット・デメリット・気をつけた方がいいこと・染め方】

GAPでアルバイトをするメリット

・髪色自由、ピアスOK、タトゥーOK

基本的に他のアルバイトでやってはいけないと言われていることがOKでした

金髪は死守したかったのでもうこのメリットはとても大きかった

タトゥーを手首に入れている人がいましたが勤務中は腕時計で隠していたりしていれば大丈夫でした

ピアスに関しては一個社員さんに休憩部屋であけてもらいました

・アパレルへの就職に便利

これも私がGAPをアルバイトに選んだきっかけです

とにかくブランドの知名度とアパレル業界に行くのに必要な様々な力が身につきます

GAPで長期間長く働いていた人はハイブランドやオンワードなどの大きな商社などに勤めています

私も何個かアパレルの内定をとりました

・好きなものに関わっていられる

これはGAPじゃなくても言えることなのですが、好きなものに囲まれて働くのは本当に楽しいです

接客をしている時や働いている時に「あ〜私成長してる〜」って思う瞬間が何度もあって自分で実感できるのも楽しい

・残業代がつく

タイムカードで勤務時間を記録していたのですが1分単位で賃金が付きます

アパレルにしてはホワイト企業

・人がいい

大学生活ずっとGAPで働いていたのはこれが一番ですかね

とにかく面白い人が沢山いてとにかく楽しかったです

夜勤明けのコーヒー飲みながら外でくっちゃべったりするのも楽しかった

飲み会も沢山行きました

社員さんもいい人ばかりで本当に良かったです

GAPでアルバイトをするデメリット

・稼げない

ぜんっぜん稼げません

夏やお正月など繁忙期はシフトにどんどん入れてもらいますが過疎期は週に1回3時間などもざらにあります

最低月収3万くらいです

忙しい時でも10万いくかいかないかの稼げなさ

居酒屋などで働いていた方が全然稼げます

しかもバイト中に着る洋服は自分で買わなければなりません

50%offとはいえ2ヶ月に一回は買い換えなければならずその度に1万以上消費するのはキツかったです

人気のある商品はすぐに売り切れてしまいすぐに買い換えなければならなくなるのである程度在庫があるものを選んで買っていました

掛け持ちしなければお金を貯めることは難しいです

まとめ

GAPでアルバイトをしていた人はそのまま契約社員・正社員になる方が多いです

能力を認められればそれなりに時給も上がるので頑張りがいがあります

GAPでアルバイトをするメリット・デメリットが自分にとってなんなのかを分析した上で応募しましょう

合う人にとっては最高の職場です

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑