ブログを書く意味とは

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

ブログで飯が食えるようになりたい

ブログを始めた当初の私の目標です

満員電車がやだ

朝早く起きるのがやだ

仕事・会社がやだ

ブログ飯なんてぷーくすくす

とか昔の私だったら思っていましたが本当にブログだけで生活している人をみた今は

「いいな〜会社とか行かないの〜凄いな〜ブログで飯食ってるの〜私も早く会社やめたい〜」

と思っています

まあ今の所全然無理なんですが…

それにブログを続けてあと2ヶ月ぐらいで1年くらいになるのですがブログを書くこと自体が楽しいと思うようになってきました

よくアクセスアップとか収益アップとかで「毎日記事を書くこと」と書いてあって私飽き性なので「いや絶対に無理」とか思ってたのですが案外習慣化するとやれちゃうもんですね

そりゃあたまには更新止めちゃう時や『毎日ブログを更新すること』にこだわるあまりくっそ適当な記事を書くこともあります

「記事書くのめんどくさいな〜」と思うこともありますが基本的に私飽き性の面倒臭がりなので大体物事を始める時どんなに好きなことでも「めんどくさい」の感情が少し入ります

それでも記事を書き始めれば「楽しい」になりますし記事のネタは思いつくたびにメモしているのでネタ切れなどになったことはありません

(一度「なんだこのネタ共は!うあ”あ”あ”!!」と今までためていたネタを全て消したことがありましたがその後「私は…なぜ…」と絶望的になりましたがそれでもネタが思いつきました)

アクセスやお金は欲しいけど厳密なルールを決めることなくダラダラとブログを続ける

こんなんじゃあブログ飯なんか出来ないと分かってます

でもブログをやって気づいたのですが最初に目標にしていた1年で100万くらい言ってっている人みたいな努力や器用さは私には持ってないんです

でもそれでもここ1年でアクセスは上がり収益もちょっとですが安定し何と言っても楽しみながらブログを続けてるのでいいと思うんですね

仕事はお金がもらえますが基本的につまらなくてめんどくさくてやりたくないです

でもブログは自分の好きなテーマで好きなように記事が書けて好きな時に更新できます

これが「明日までにUFについてのブログを3つ全て1万字以上で書いて更新しろ」とか言われたら速攻でブログやめます

そういう制限がついた瞬間たぶんブログは私の中で「楽しい」ものから「くそめんどくさいこと」に降格するわけでモチベーションもやる気もくっそ下がります

好きなようにやれるからブログは楽しいんですよ

これがブログ飯目指すとかになったら生きてく為に真剣にやらなきゃいけないんだなーとかも思うんですが

…あれ、アクセスと収益が上がらないのはそもそも私がこういう考えだから?

月100万いっている人は真剣にやってるからで私はくっそだらだらブログを書いているから?

凄いなぁ

なんかもうお金欲しいけど本当に少しずつ金額は上がってるのでいいやって感じですね

アクセスは今の所下がったことないですし

特にこのままアクセスも収益も上がっていけばなにも欲しいものはないです

しいて言えばブログ友達とか欲しい

凄いアクセスのブログの人と話して見たい

凄いブログ書いてる人と普通にお話がしたいし美味しいお肉が食べたい

…美味しいお肉が食べたい

あとコメントとか欲しい

コメントにはスパムばかりで感想なんてついたことないです

「コメントが来るほど大した記事今まで書いてねえからじゃねえの?」と言われたらぐうの音も出ません

コメントの代わりにPV数見て「よっしゃ」ってなってます

今の所そんな感じ

頑張るっていうか現状維持?ですね

楽しければお金なんていらない

ごめんなさいやっぱお金欲しいです

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑