甘酸っぱい濃厚クリーム『レモンカード』の美味しい作り方を紹介します【食べ方も】

公開日:  最終更新日:2017/06/14

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

まず題名を見て『レモンカードってなに?』と思った方もいるかもしれません

簡単にいうと「レモンのジャム」です

味は爽やかなカスタードクリーム、と例えるのが近いと思います

レモンの爽やかさとバターのコクがたまらないジャムです

そのままジャムとして、お菓子の材料として、さらには料理のソースになど使い道は様々なイギリスで超ど定番のジャムです

かという私もレモンカード大好きです

レモンカードというジャムを作った人は天才すぎると思うくらいレモンカードが好きです

食パンにたっっっぷり塗って食べるというカロリー無視な食べ方が一番好きです

(個人的に女性が好みな味なのかなと思います)

(男性で好きという人を見たことがない…)

バターやジャムのような感覚で使える手軽さで、リッチな味わいを楽しめることから今人気を集めています

最近はカフェや、パンケーキ屋さんでも見かけるようになりました

お店などでもよく売られていますが手に取る方は少ないのではないでしょうか

でもレモンカードって自宅で超簡単に作れるものなんです

これからの食欲が少なくなる暑い時期にもぴったりです

今回はそんなレモンカードの簡単な作り方を紹介します

材料

レモン汁:レモン1個分
レモンの皮のすりおろし:1個分
卵:1個
グラニュー糖:75g
無塩バター:50g

酸っぱいのがよければレモンを多めに砂糖を少なくで

逆に甘いのがよければ砂糖多めレモン少なくで

グレープフルーツで作った「グレープフルーツカード」も美味しいですよ

レシピ


1.レモンを洗って水気を拭き取り皮の黄色い部分をすりおろしたら果汁を絞って茶ごしでこします

めんどくさいのでダイレクトです


2.ボールに卵を入れてときほぐしグラニュー糖を加え泡立て器で白っぽくなるまで混ぜます

これは少し時間と力を使いますが根気よく


3.鍋にバターを入れて火をかけバターを溶かします


4.粗熱がとれたら一度こし器でこしもう一度鍋に戻しごく弱火にかけます

沸騰させると口当たりが良くないので注意

5.へらでかき混ぜながら20分、混ぜた時に一瞬鍋底が見えるくらいまで煮詰め暑いうちに熱消毒した瓶に詰めます


完成です

見事に沸騰させちゃったので失敗作ですが胃に入れば一緒です

日持ちは1週間ほど持ちます

食べ方

レモンカードは食べ方がたくさんあります

ど定番で私が一番好きなのは食パンにたっっっっっっぷり塗って食べることです

パンケーキなどにかけてソースにしてもとても相性抜群です

マフィンやドーナッツを作る時は中に入れても美味しい

またヨーグルトなどと合わせてチーズケーキにしても美味しいです

レモンカードを主と使ったレモンケーキなんかもとっても美味しいです

…つまり美味しいんです!

皆さんも作って見てください

参考はおなじみ『あまいびんの本』から

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑