愛犬の熱中症の為のまとめ

公開日: 

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

もうすぐ夏本番です

私達も暑いですがペットだって暑いんです


私の家の犬も玄関に避難しています

砂まみれになるのでやめてください…

犬は、人間のように汗を出して体温調節を行えません。

その為暑さに弱く、熱中症になる危険性が高いのです

「家の中だし、このぐらいの暑さなら大丈夫だろう」という油断が事故の発生に繋がっている

熱中症になると、最悪の場合は命に関わることもあります。

大切な家族を守るために犬の暑さ対策を知っておきましょう

室内

エアコンなしで、閉めきった室内は室温があっという間に30℃を超えてしまいます

長時間の留守番で、室内の環境や過ごし方で注意する点があります

エアコンと遮光

28度に設定してエアコンをつけ、カーテン等を閉めてなるべく直射日光が室内に入らないようにしましょう

エアコンを使わない場合は窓を開けるなどして風通しのよい場所を確保してあげるのもいいですがエアコンと扇風機の方がより熱中症対策にふさわしいと思います

冷えるマット

ひんやりりとした敷物を用意してあげるとわんちゃんも涼しく快適に過ごせます

冷えるマットも様々な種類があります


こちらはジェルマットタイプ

暑い時期に犬用マットとして一番売れている商品です

丸洗いもできます

強度があるので噛んでも破れにくくなっています

重みがあるので敷いてもずれることはありません


こちらはアルミプレートです

ジェルマットだと破れて中が出たらと心配な方にオススメ

滑りにくくなっており床も傷つけません

複数の水分補給場所

熱中症対策に大事なのは水分補給です

夏場は普段より多めに水を置いてあげてください

普段一つの容器しか置いていない方は2.3増やしましょう

外出中にお水がなくなる心配がありません

外出先

外出先はエアコンの涼しい風を常に感じることは出来ないのでさらに対策が必要となります

アスファルトの火傷に注意

夏場のアスファルトは超危険です

真夏のアスファルトに手を当てると火傷しそうになるくらい熱くなっているのが分かりますよね

犬の肉球は敏感に出来ているのでこういったアスファルトの上を歩かせてしまうと火傷してしまう可能性があります

夏場の散歩は早朝や日が落ちてから行い、また日が落ちてからもアスファルトの熱さを確認する癖をつけましょう

夕方の場合日が落ちてもアスファルトが熱い可能性があります

また犬用の靴下を履かせる手もありますが嫌がるわんちゃんも多いので実際に履かせて見て様子を見てもいいと思います


こちら使い捨て出来るわんちゃん用の靴下です

足先をアレルギーで痒くて噛んでしまうわんちゃんにも◎

ひんやりアイテムを使う

お出掛け時になどにさっとわんちゃんの首に巻ける保冷剤の入るバンダナは便利です

熱中症の際に即効性のある冷却法ともなります


こちらは犬用ではないですが代用として使うこともできます


これ何に見えますか?

これは凍らせたペットボトルなどを入れて冷却材代わりにするクールピローというものです

手軽にさっと冷却材になります


こちらはウェアタイプ


こちらは人間も使うことができます

休憩・水分補給をこまめに

上記に書いた通りわんちゃんは自分で体温調節が出来ないので外に出て大はしゃぎしていたらそのまま…という事態にもなりかねません

なるべくこまめな休憩・水分補給を心がけましょう

番外編:こんなアイテムもあるよ

ちなみに涼をとるためにこんな方法もあります

まさに瞬間冷却

わんちゃんがびっくりしないよう様子を見ながらちょっとずつかけましょう

毛を刈る


犬の毛って保温性が高いんです

いっそのこと夏場は刈っちゃいましょう

ちょっと寂しげになってしまうのは気のせいです

美味しく涼をとる


食いしん坊なわんちゃんにはこれが一番かもしれません

あげすぎの肥満に注意が必要です

みなさんもわんわんたちの熱中症にをつけつつ自分の健康にも気をつけて夏を乗り切りましょう

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑