父が脳梗塞で倒れて高次機能障害を持ってから1年が経った

公開日:  最終更新日:2018/06/21

こんにちは、monacooc(@monacooc)です

先日家に無料歯科検診のお知らせが届きました

会社が契約しているプログラムだそうで歯科検診を近くの歯医者で無料で受けることができます

お知らせを見て私は真っ先に「もう父が倒れてから1年が明け経ったのか」と思いました

ちょうど一年前くらいの日にこの無料歯科検診の予約をしていた日に姉から父が倒れたと連絡があったのです

もう1年経つのかぁと思うと同時になんともいえない気持ちになります

現在の父の状況

1年前に倒れてから現在までお医者さんやリハビリの方に「体に障害が残っていないのが奇跡だ」とよく言われました

倒れてから意識を取り戻した当初は自分で起き上がることするままならなかったのですが今では小走り出来るくらいになりました

力も家族の中で一番強く重いものを持ち上げるときはとても助かっています

父が倒れて高次機能障害として現れた症状で現在も残っているのは
・左空間無視
・記憶障害(近々の記憶を維持できない)
です

左空間無視は、ご飯を食べているときなど言われなければ左側のお皿や飲み物など見つけることがちょっと難しいです

ただもっと酷い方は左が全く分からず左があざだらけになってしまうということもよくあるそうなのでそこまで酷いものではないそうです

一番酷いのは記憶障害でしょうか

デイケアで入浴したのに家に帰ってからまた入ると言います

「もうデイケアで入ったよ」と説明してもその時は納得するのですがまた後で言い始める

記憶障害が治れば左空間無視ももっと改善するのにな…と思います

父の障害レベルは現在中級です

体に目立った障害はありませんが脳の方がちょっと…と言う感じですね

でもこう1年振り返ると半年前からなどに比べて本当に良くなったな〜と思います

おねしょも今はそんなにやりませんし身体的にはもうあまり心配をしなくても大丈夫になりました

脳がダメージを受けてから半年は急速に回復をしますがそこからは本当に緩やかにしか回復をしません

たぶん回復はしても元の父に戻ることはないと思います

それでもこれから回復していくのであれば出来る限りのことはしたいと考えています

変になっても父は父

倒れる前の父と私の関係はあまりいいものではありませんでした

ほとんど話すこともなかったです

倒れてからはリハビリの為なるべく話すようにしています

それまで父に注意することや怒ることなど絶対しなかった(無理怖い)のですが今はきつい口調で言う時もあります

でもその時の父の様子が、私が言うのと母が言うのとでは違うんですね

母だったら素直に聞くのに私が言うと意味のわからないことを言ってなかなかしない…など

たぶん娘の私に言われるとムカつくんでしょうね

言うことを聞いて欲しいですが「昔の父だなー」と思ったりもします

父は病気で倒れて障害を負っても父なのです

まとめ

父が倒れて1年が経ちました

変なことを言いますし家のトイレの場所や歯磨きの場所もあまり分かっていませんが普通に話が出来ますしマッサージもしてくれる時がありますし穏やかな時間を過ごす時が多くなってきました

落ち込むときやイライラする時もありますがそれでも父が生きててこうやってまた生活できてよかったなと思います

とりあえず近況まで

次は

父が脳梗塞で倒れて高次機能障害を持ってから2年が経った

以上です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑