夜の海でおばけの真似をしたら洒落にならなかった話

公開日: 

【ファンケル】たっぷり試せる10日分セット♪本搾り青汁ベーシック

HTCコラーゲンDX お試し2週間分 今ならもう1袋付いてくる!


こんにちは、monacooc(@monacooc)です

今日はちょっと雑記で、私が実際に体験した『ちょっとふざけたら大変なことになっちゃった』な出来事を話そうと思います

皆さんおばけとか好きですか?

ホラー系やスプラッター系の映画とか心霊系の特番とか、心霊映像とかみるのとか私は大好きです

ほとんど目をつぶってますが…

子供の頃は怖い系の映像を誰かの背中越しで見ていました

そんな怖いもの好きだった子供頃の私が近所のコンビニに行った時の話です

はとこが遊びにきていたのでみんなでご飯を食べゲームをし大人はお酒を飲み喋り笑い

そんな時夏だったので暑い夜で「アイスを買いに行こう」と大人達が連れてってくれたのです

夜にコンビニとか行くことがあまりなかったのでちょっとテンションが上がっていました

コンビニに着き好きなアイスを選びまだ他の子達が選んでいたので暇つぶしに雑誌コーナーで漫画を読んでいました

しばらくして遅いなーと思いレジを見ると、はとこ達がいません

アイスコーナーはおろかコンビニ内のどこにも、はとこ達がいないんです

そうなんです

はとこ達は私を置いて帰ってしまったのです

いやまさかこれだけじゃないですよ?

はとこ達が私が先に帰ったと思ったのか、それとも存在を忘れたのか、どっちかは分からないですがとにかく先に家に帰ってしまいました

1人になり混乱しましたがまあ仕方がないと私も帰ることにしました

夜の小道を歩いたら家まで5分くらいの距離です

海の近くだったのでさざ波の音を聞きながら家に帰るため歩きます

街灯より月明かりの方が強い夜でした

前方から一台の車がやってきました

見る限り普通の車です

運転席にいる男の人もはっきりと見えました

前からくる車の明かりにふとあることを思いつきました

お化けの真似をやってみよう、と

その時の服装はパジャマ、髪の毛は超ロングです

そんな長い黒髪の女の子が砂浜キワで髪を垂らし顔が見えないように下を向いているのを夜に見たら、貴方はどう思いますか?

これ今自分がそんなのに遭遇したらめちゃくちゃ怖いですね

失禁レベルです

しかし子供だった私は面白半分でその場で顔が見えないよう髪を垂らしつっ立つことにしたのです

車が通り過ぎます

通り過ぎた瞬間はちょっとドキドキしました

車は何事もなく通過し

物凄い音が辺りに響きました

驚いて音のした方を見ると車が突き当たりの家に突っ込んでいました

たぶん私を見て取り乱したのか、よそ見をしていたのか分かりませんが運転をミスってしまったのでしょう

物凄い音と物凄い現場を見た私はもう一目散に逃げました

その時は自分のせいで、など思わずただ「車の事故現場!こわい!」といった感情のみでした

家に着きもう即行寝ました

寝たといっても心臓ばくばくで興奮していたので全く眠ることが出来ず、結局日が出てきた頃に眠ることが出来ました

以上、お化けの真似をしたら、というよりも
面白半分に人を驚かすととんだ大惨事になる可能性があるよって話です

でもこの話は後日談が不思議なんです

車が事故を起こしたのは家から1,2分歩いたところです

そんな近所で「車が家に突っ込んだ事故」なんて起こったらとんだ大ニュースですよね

でも私の家族や近所の人達は誰も事故のことなんて知らないんです

というか車が突っ込んだ家に行っても、事故の跡など何もないんですよね

自分で見に行くことが怖くて出来ずにいた時母と一緒にそこの前を通ることがあったのですが、全く以前と変わらぬままでした

子供の時は「家を直したんだ」と思っていましたがそれにしては元の状態そのものです

それを家族に聞いても「なんのこと?」と首をかしげるばかり

でも私はあの物凄い衝撃を今でも忘れることが出来ませんし、車がぶつかり大きな穴が空いた家を覚えています

あの夜確かにコンビニに行ったのはみんな分かっています

でも事故のことは誰も知らない、というより最初から事故なんてなかったかのようです

じゃあ私が見たのはなんだったのでしょうか

見間違いとは絶対に思えません

私の人生の中の不思議な出来事でした

以上です


お名前.com

ライトプラン 詳細はこちら

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑