メガトロンという理想的な上司について【AHM!AHM!】

公開日:  最終更新日:2017/01/31

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Nintendo Switch版

価格:6,784円
(2017/1/31 12:50時点)
感想(0件)






こんにちは、monacooc(@monacooc)です

メガトロンという悪役をご存知でしょうか


トランスフォーマーシリーズにおける絶対的破壊大帝のことです

破壊大帝の名の通り悪の軍団デストロン軍団のリーダー、右腕についているキャノン砲の威力は最強です

またリーダーとしてのカリスマ性にも高い能力を持ちコミュニケーション能力や戦略など他のものよりも格別に優れています

そんな破壊大帝メガトロンですが、トランスフォーマーのアニメ作品第1号となる『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』のメガトロンよくよく考えてみると現代社会では考えられないほど理想的な上司なんです

確かにメガトロン様は冷徹さや卑怯さを持っていますが、もしメガトロン様が上司だと考えたら、まさに「理想の上司」という言葉を具現化した人、いや機械生命体だったのです

そんなメガトロン様の理想の上司っぷりを解説したいと思います

1、ほとんど最前線で戦う

メガ様は大体の戦場の最前線に立ち指揮をとり攻撃を加え部下を鼓舞します

また戦場に立っていない時でも通信で指示を出したり常に現状を把握しています

しかもある回では地球を脱出する宇宙船に部下が最後入ったのを見届けてから自分が船に乗り込んでいます

まさにリーダーという言葉を具現化したような方です

2、大抵のことは許す


デストロンの日常茶飯事行為といえば、そう「裏切り」です

No.2のスタースクリームを筆頭に様々な部下が我こそは破壊軍団デストロンのリーダーになろうと下克上を叩きつけます

しかしそれを全て跳ね除けたメガ様

普通だとこういうことをして負けた部下に悪役リーダーは『処刑』などの冷徹な制裁を加えるのですが、メガトロン様は多少は起こるものの地位はそのまま、特に罰などは与えません

(例外:スタースクリーム)(理由:裏切り過ぎ)

スタースクリームの裏切りは日常茶飯事、大人数での裏切りはビックイベント

まるで部下の裏切りなんぞ何の弊害でもないとでもいうようなメガ様の懐の大きさ、器量の大きさに感無量です

そしてスタスク、お前はいい加減にしろ

3、人間は傷つけない


破壊大帝は無闇な殺生は好みません

 このアニメで人間を1人も殺していません

すごいです

(この時のアメリカでの規制の問題でもありますが)

沢山ある事例の中で一つあげるとすると、ある令嬢を誘拐し情報を聞き出す為にサイコプローブという機械を使うのですがそのサイコプローブのの恐ろしさを散々説明しなかなか機械を使いません

しかしそれでも抵抗する令嬢に仕方なく機械を作動させます

さっさと機械を作動させればいいものの、できれば使いたくない、とった様子でした

(ちなみに令嬢は極度の機械音痴のため機械は全く効きませんでした)

4、褒める時は褒める、叱る時は後腐れなし

組織というのは様々な能力を持ったものがいます


物凄い成果を上げ続ける者もいれば


周りに迷惑をかけ続ける者もいます

 そんな様々な部下達にメガ様はアメと鞭の使い分けがとても上手いです

成果を上げたものにはお褒めの言葉を惜しまずに与え、失敗したものには叱咤の言葉を上げつつ必ず汚名挽回のチャンスを与えます

さらにそれは部下だけにとどまらず敵であるサイバトロンや人間にも必要があれば褒め、実力を認めます

まさに器量のある者にしか出来ない行為でしょう

5、エコ大好き、自然大好き


(理想の上司とは少し離れますが)

メガトロン様は常にエネルギーを求めて活動しているのですが、エネルギーを生み出すものに選ぶのは

ダム、太陽、津波…etc

と何かと自然エネルギーが多いです

そうです、閣下は自然が大好きなのです

自然が大好き過ぎてよく地球を爆発の危機に貶めています

流石破壊大帝

まとめ


確かにメガトロン様は部下を見捨てたり部下を半殺しにしたり人間を殺しかけたり、未遂は沢山ありますし性格も卑劣で残忍、まさに悪の帝王ですが、それだけ人を魅了させるなにかを持っています

個人的なことを言うと、メガトロン様に「よくやった」と言われたいです

それだけで元気が出ます。

メガ様を上司に欲しいです

ちなみにタイトルにある『AHM』は『All Hail MEGATRON』(メガトロンに栄光を!)の略文字です

AHM!

AHM!

AHM!!!!!!!!!!

以上です

お名前.com

ライトプラン 詳細はこちら

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─






シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑