爽快感、悲壮感、衝動、シナリオアートの世界

公開日: 


こんにちは。monacoocです。

数日続いた寒さとは一転、薄い長袖でも少し暑いくらいの天気となっています。寒暖差が激しいですね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気をつけて、暖かくして、寝てください。

さて今日は、邦楽ロックが大好きな私が最近耳にたこができるほど聞いても全く聞き足りない。そんなヘビロテしているオススメバンドを紹介したいと思います。

0

まるで絵本の世界からそのまま飛び出してきたような、そんなファンタジーな世界感を持つ彼ら、シナリオアート。その印象は、とてもインパクトがあり、視聴者を一瞬で虜にするような魅力を持つバンドです。

メンバーはハヤシコウスケ(Gt.&Vo.)ハットリクミコ(Vo.&Dr.)ヤマシタタカヒサ(Ba.)の三人からなる男女ツインヴォーカルバンドです。

温かみと力強さが共存するコウスケの歌声と、パワフルでまっすぐ突き抜ける閃光のような歌声を持つクミコのハーモニーが他のバンドにはない独自性を生み出しています。

私がシナリオアートを知ったきっかけとなった「スペイシー」。題名の通り、まるで観客を宇宙の世界に連れてってしまうような、静かな曲の入りからのサビの壮大感は、まさにシナリオアートにしかできないストーリーの筋立て、導き方としか言いようがないでしょう。

一人一人の楽器のスキルもとても素晴らしいです。特にクミコはドラムとボーカルという少し珍しいポジションではありますが、力溢れるドラムを打ちたたきながらのハイトーンボイスは聞く価値ありです。

「ホワイトレインコートマン」

この曲の歌詞をよく聞いて見てください。

「黒い雨に君が濡れないようホワイトレインコートになって君を守りたいよ」

「黒い雨に君が濡れないように」

何を想像できますか?

夏のライブでこれを聞くと、私は昔の日本で起こった悲しい出来事を連想してしまいます。

しかしよく聞いてみると「20xx年」だったり、昔のことではないんですね。

未来に起こり得る惨事から、君を守りたい。

ホワイトレインコートマン”で歌われているものは、そういう現実ともファンタジーともつかない 微妙な描写から生み出すシナリオアートが伝えたいものなのかもしれません。

ぜひ、聞いて損は絶対にない曲です。興味をお持ちになった方は、YouTubeでもiTunesでもいいので、すぐに聞いて見てください。

dumping swimmer (初回限定盤 CD+DVD) [ シナリオアート ]

価格:1,911円
(2016/10/18 23:33時点)
感想(0件)

Happy Umbrella [ シナリオアート ]

価格:2,381円
(2016/10/18 23:34時点)
感想(0件)

talking/ナナヒツジ(初回生産限定盤B)(DVD付) [ KANA-BOON/シナリオアート ]

価格:1,890円
(2016/10/18 23:34時点)
感想(0件)

A8.net

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑